ウイルス性胃腸炎に、一家全滅 - 14/01/20

【日記】を移動しました - 14/01/17 日記 ネット小説【雪細工】にリンクミスがありました。- 14/01/21

 

悲劇は、金曜の夕方もうから始まりました…。

 

*胃腸風邪系統の話題が苦手な方はスルーしてください*

 

突然嘔吐する1歳と3歳の息子二人。
下の子に至っては、嘔吐3回、下痢3回という恐ろしい事態に。
しかしながら熱もなく元気な2人だったので、もう夜だしこの日は様子を見て、ヤバそうだったら翌日病院に行こうと思っていました。

 

そしてその日の深夜2時。
おもむろに起きだすお母さんこと私。
抑えきれない吐き気を抱えてトイレへゴー!
2回ほど戦いを終えた後、急激に襲ってきた寒気にガクブル。
毛布と布団を被ってさらにエアコンをオン。
この時なぜか熱は35.8度しかありませんでした。

 

次の日の朝、またしても下の子は2回吐いてしまい、病院へ。上の子は元気。母はまるで死人のよう…。
熱は上の子36.7、下の子37.5、母37.1。
ウイルス性胃腸炎と診断を受け、吐き気止めと胃腸薬を処方してもらいました。
その間も止まらない、頭痛と寒気と関節痛。吐き気はもうありませんでした。

 

家に帰ってから2時間ほど休み、熱を測ってみると、子供たちは微熱でしたがなぜかわたしは38.7度。
なぜなんだ…と苦悩しながら、だるさと戦う。
下の子はずっと下痢。何度も服を汚す。

 

そして夜、それまで元気だった上の子が突然の嘔吐。驚きで泣き出してしまい、その声で下の子もパニックになって、二人して大絶叫。
そしてついに、最後の砦だった主人も下痢をしだす。
ちなみに旦那は、家庭内で胃腸炎が吹き抜ける中、昼も夜もラーメンを食べた強者です。

 

翌日の今日。下の子は相変わらず下痢。水分だけはしっかり飲ませようと思っても、こういう時に限って母乳以外受け付けないので、ずっとだっこして母乳をあげ続ける。
上の子は元気だけど、まだ油断できないので焼いたやわらかいパンを何もつけずに食べさせる。
わたしは熱が下がったけれど、まだだるさは取れないので、夜ご飯は買ってきてもらうように主人に頼む。

 

そんな主人も、午前中に電話があり「朝ごはん吐いた…」とのこと。
でもお昼ごはんは普通に食べられたので大丈夫と言っていました。さすが我が家一丈夫な男。

 

そして今、下の子は私の隣で平和に眠っています。
完治まではもう少しかかりそう。
これ、本当にきついので、みなさんお気を付けくださいね。

 

 

 

 

【日記】を移動しました - 14/01/17 日記 ネット小説【雪細工】にリンクミスがありました。- 14/01/21

 

 

 このページにしおりを挟む
 トップページへ戻る