【思考の整理学】(外山滋比古)を読んで - 14/03/18

【銀の翼】更新しました - 14/03/14 日記 朝からバタバタ(返信アリ) - 14/03/19 - 14/03/19

 

「効率的な創造の仕方」を教えてくれる本です。
小説を書く時のヒントになることが多くて、なるほどー! と思いました。

 

心に残っているのは、「アイデアは発酵させる(寝かせる)」「アイデアのカクテル」「アイデアは人にむやみに喋らない。もし否定されるとアイデアが消えてしまう」「あまり構えないで、とにかく書いてみる」「とにかく終わりまで書く。それから読み返して推敲する」「表現をぎりぎりに純化すると、名詞に至る = 修飾語は多くないほうがいい」

 

この他にも、資料を効率的にまとめるノートやカードの使い方などが書かれていました。
わたしは資料を集めるのが苦手なので、あまりピンときませんでしたが、読む人によっては「おお!」と思うかもしれませんね。

 

あと、自己啓発っぽいですが「朝ごはん前の時間の脳は楽観的 = 悩み事は明日の朝7時には解決している」というのが一番心に残ったかもしれません。
夜に考え事をするとモンモンとするもんなぁ…。
悩み事は朝にした方が健康的なんですね。
夜に悩むことはやめて、寝てしまおうと思います。

 

ルームソックスなくした…。
どこやったんだろう…。足が冷たいなぁ。

 

 

 

 

【銀の翼】更新しました - 14/03/14 日記 朝からバタバタ(返信アリ) - 14/03/19

 

 

 このページにしおりを挟む
 トップページへ戻る