【LAM】≪6≫更新 と 小説【鉄鼠の檻】感想 - 14/11/19

【LAM】≪5≫更新 と 小説【Nのために】感想 - 14/11/11 日記 【プリーツスカートの中には】更新 と 【小説書きを問い詰めるバトン】☆ - 14/11/23

 

LAM】≪6≫を更新しました。
よろしくお願いします。

 

京極夏彦さんの百鬼夜行シリーズ4作目【鉄鼠の檻】を読みました。
いやー長かった!
そしていつにもまして冴えわたる京極堂の弁舌がサッパリ理解不能なことといったら。
もうあれは、理解しようとして読むもんじゃないですね、雰囲気です雰囲気。

 

でもやっぱり今回もめちゃくちゃ面白かったです。
いつもそうなのですが、このシリーズは半分までは我慢して読むんです。
なぜならうんちくが多くて眠くなってくるから(笑)

 

でも後半から加速度的に面白くなってきて、とっても分厚い小説なのですが一息によんでしまいます。
昨日は午前中から寝る直前まで、家事子育ての合間にずーっと読んでました。

 

3作目の【狂骨の夢】で「あれ、ちょっと面白さが減速したかな…」って思ったんですけど、【鉄鼠の檻】はほんとに面白かったです。
1作品読み終わるごとに、最新作に近づいていくのが残念でなりません。
京極さんって筆早いのかなぁ…。
小野不由美さんはほんとーに新作出してくれないしなぁ…。

 

てことで5作目に飛びつくのはひとまず置いといて、次は島田荘司さんのミステリーを読もうと思います。

 

 

 

 

【LAM】≪5≫更新 と 小説【Nのために】感想 - 14/11/11 日記 【プリーツスカートの中には】更新 と 【小説書きを問い詰めるバトン】☆ - 14/11/23

 

 このページにしおりを挟む
 トップページへ戻る