【花と北風】≪10≫更新 と 【孤舟】感想 - 15/02/05

【LAM】≪13≫更新 と 【何者】感想 - 15/02/03 日記 【花と北風】≪11≫更新 と 【養鶏場の殺人・火口箱】感想 - 15/02/11

 

花と北風】≪10≫更新しました。
よろしくお願いします。

 

ちょっとカゼを引きまして、熱は下がったものの、頭痛とからだのだるさが取れないです。
喉が痛い時はしゃべらないのが一番ではあるのですが、2歳児がいるとそうもいかず…。
「机の上のっちゃだめでしょ!」「おもちゃ投げちゃダメ!」などと言う機会が多すぎて、夜になると声を出すだけでのどが痛い状態になってます。

 

渡辺淳一サン著【孤舟】を読みました。
失楽園の作者さんですね。去年お亡くなりになったお方です。
わたしはすごく面白いと感じたのですが、Amazonレビューはさんざんでした。
現役サラリーマンの方々からすれば、現実とかけ離れた小説のようです。

 

--
あらすじ(Amazonより)

 

定年後の夫婦の形を見つめる、異色の長編小説
大手広告代理店を定年退職、バラ色の第二の人生のはずが、威一郎を待っていたのは、家族との深い溝だった。娘は独立、妻は家を出てしまう。威一郎は、デートクラブに入会し、ある女性に出会うが・・・。
--

 

団塊世代が退職を迎える今の時代にぴったりの作品です。
定年退職したおじさんが、妻にも娘にも相手にされず、デートクラブに一回入会してみたら、意外によくてハマってしまう、という内容です。

 

どうしようもない夫と、夫に愛想をつかしている感まんまんの妻とのかけあいにもならない会話が面白かったです。
ひと昔前ならありそうな感じだなぁと思いました。
超高齢化社会の今じゃ、そもそも60歳でリタイアなんてできないですからね。

 

あと、デートクラブの女性が、ちょっと男性の理想を体現しすぎている感がありますが、それはこの世代の著者さんにありがちなことなので目をつむっておきます(笑)

 

 

 

 

【LAM】≪13≫更新 と 【何者】感想 - 15/02/03 日記 【花と北風】≪11≫更新 と 【養鶏場の殺人・火口箱】感想 - 15/02/11

 

 このページにしおりを挟む
 トップページへ戻る