【LAM】更新 と 【インストール】感想 - 15/03/05

【花と北風】≪12≫更新 と 次回作 と 【龍神の雨】感想 - 15/02/21 日記 【LAM】更新 と 【蹴りたい背中】感想 - 15/03/11

 

 

【LAM】≪14≫更新しました。
よろしくお願いします。

 

前回の更新よりちょっと時間が経ってしまいました。
【LAM】にいたっては半月以上もあいていてびっくりしました。
Twitterではお伝えしましたが、体調を崩してしまって更新できませんでした。
【LAM】も架橋で、これが終わりしだい次回作を連載したいと思います。

 

ではでは、綿矢りさサン著【インストール】の感想です。
わたしはこれを単行本で買いましたが、文庫版では書きおろし短編がついてくるみたいです。

 

あらすじ(amazonより)

 

学校生活&受験勉強からドロップアウトすることを決めた高校生、朝子。
ゴミ捨て場で出会った小学生、かずよしに誘われておんぼろコンピューターでボロもうけを企てるが?!
押入れの秘密のコンピューター部屋から覗いた大人の世界を通して、二人の成長を描く。
第三八回文藝賞受賞作。

 

 

綿矢りささん17歳のデビュー作。て、天才…。

 

綿矢りさサンの本は読みやすいから好きです。
感性がものすごく豊かだなぁと思いました。
文体はサラっとしてるのに、特別な感情が流れてるような感じ。
しかめつらしい歴史小説も好きだけど、こういう瑞々しいお話も大好きです。

 

小学生のくせにおとなびているかずよしくんと、ちょっと扱いが難しそうな朝子のかけあいが面白かった。
かずよしくんの家にこっそり入りこんで、押し入れの中でPCをいじる朝子の堂々とした感じが、読んでいてハラハラしました(笑)

 

 

 

 

【花と北風】≪12≫更新 と 次回作 と 【龍神の雨】感想 - 15/02/21 日記 【LAM】更新 と 【蹴りたい背中】感想 - 15/03/11

 

 このページにしおりを挟む
 トップページへ戻る