前へ 日記 次へ 

 

次回作のプロットがあらかたできあがりました。
あたりまえですけど、こうやって筋道を決めておくと気が楽ですねぇ。

 

次は元気な女の子と腹黒な騎士が主人公のお話になる予定です。

 

それでは以下メッセージの返信です。
見にくい方はお手数ですが反転をお願いしますm(_ _)m

 

 

 

> 09/26 レン…お幸せに!!(...さん

 

ひたすらレンがハッピーなラストになりましたね。
きっと幸せになると思います。
メッセージどうもありがとうございました!

 

> 09/26 チェルシーとレンのモ...さん

 

好きといってくださって本当にうれしいです。
モヤモヤしたふたりも、ラストではめでたくくっつくことができました。
最後までお付き合いいただき、どうもありがとうございました!

 

missaさんへ

 

王子をそのようにいっていただけてとても嬉しいです!
そうですね、感想欄では結構叩かれていましたね(笑)
このお話はレンとチェルシーのお話ですが、王子の成長物語でもあるのかもしれません。

 

>もっと甘々で砂糖のスターダストでもいい位でしたが、
そうですね、もう少し話数を増やしてレンとチェルシーのシーンを多くしても良かったかもしれないです。
なぜか焦って完結を急いでしまった感はあります。
50話くらいまで読みたかったとのお言葉、すごく光栄です!

 

マーガレットや王子、家族に関しても一応区切りを打てたと思っていたので、そういっていただけるとほっとします。
次回作はプロットを作り終わったので、もう少しで本文に取りかかれるかなといったところです。
また次でもお会いできれば幸いです。
メッセージどうもありがとうございました!

 

 

 

前へ 日記 次へ

 

 このページにしおりを挟む
 トップページへ戻る